キンセル 電子書籍セール速報

電子書籍のセール、新刊発売速報や、Amazonビデオの他、コラボアイテムで気になったものを速報を致します。

【Kindleオススメマンガ⑭】悪徳刑事が主人公『クロコーチ』:リチャード・ウー, コウノコウジ

作品タイトル:クロコーチ

著者:リチャード・ウー, コウノコウジ
出版:日本文芸社

[作品のあらすじ]

警部補の黒河内は、仕事を通じて握った情報を使い政治家をゆすり、大金を得ている悪徳刑事。
県警のキャリア、清家管理官は、県警の本部長から指示を受け、そんな黒河内とコンビを組み、事件を捜査することになる。
政治家から収賄する黒河内を見て、清廉潔白な性格の清家は彼を軽蔑する。
だが、その一方で黒河内は、大胆で手段を選ばないやり方で、未解決事件を解決に導いていくのだった。
様々な事件を追ううちに、二人は、警察内の謎の組織の存在に気付く。
そして、警察官だった清家の父の死の真相も、明らかになっていくのだった。

[作品の推し所・感想]

主人公の、黒河内警部補の、破天荒なキャラクターが魅力的です。金に汚く、事件を解決するためには悪事にも手を染める、今までにない警察官です。
悪徳刑事と呼ばれる彼ですが、同士の死に涙する人間味もあります。頭も良く行動力があり、自分なりの信念を持って事件を追う姿が、格好良いです。
彼とコンビを組む清家管理官は、警察官だった亡き父の遺志を継ぎ、キャリアにもかかわらず自ら動いて捜査する、真面目な人物です。
不正なことを何より嫌い、黒河内とは正反対な清家ですが、次第に黒河内とはいいコンビになり、お互いの立場や見方からそれぞれ捜査し、事件を解決していく様子が面白いです。

彼らが追う事件は、三億円事件など、実際の昭和の未解決事件をモデルにしたものが多く、非常に興味深いです。あの事件の裏に、本当にこんなことがあったのでは、と想像するのも楽しいです。現在の政治や、国際情勢についても描かれていて、実在の政治家をモデルにしたような人物が出てくるのも、面白い。
そしてこの漫画では、大きな未解決事件の裏側に、いつも警察の謎の秘密結社が関係しています。それは黒河内の悪徳刑事ぶりなど可愛く思えるほどの、警察の大きな闇です。

その闇に、黒河内と清家がどう立ち向かうのか、そして黒河内が追い続ける宿敵、元県知事の沢渡一成の正体が何者なのか、続きが気になってしょうがない漫画です。