キンセル 電子書籍セール速報

電子書籍のセール、新刊発売速報や、Amazonビデオの他、コラボアイテムで気になったものを速報を致します。

【Kindleオススメマンガ③】ほのぼのとした料理マンガ「甘々と稲妻」がおすすめ!: 雨隠ギド(少し今の生活に疲れたなと感じたら、ぜひ一度手にとって読んで頂きたい)

作品タイトル:甘々と稲妻

著者:雨隠ギド
出版:アフタヌーンコミックス

[作品のあらすじ]

主人公は高校教師をする「犬塚公平」。

半年前に妻を亡くし、ひとり娘の「犬塚つむぎ」と2人暮らし。小食のため、あまり食に興味が持てず、料理も苦手。最近は外食や溺愛の食事ばかりだった。

そんなある日、お花見に行こうとお出かけすると、1人での重箱弁当を泣きながら食べる女の子と出会う。聞くと「約束していた母にドタキャンされ、悔しさのあまりやけ食いをしていた」とのこと。彼女は実は公平の教え子「飯田小鳥」だった。

つむぎにおいしいご飯を食べさせてやりたいと思い立った公平は、小鳥の母親が営む食事処「恵」を訪れる。そこで小鳥が炊いた土鍋ご飯をきっかけに、3人で定期的に料理を作り、料理の楽しさに目覚めていく。

[作品の推し所・感想]

何といってもつむぎが可愛いです。初登場時は5歳くらいなのですが、本当に「いい子」で底抜けに明るく、優しい子で癒やされます。

とはいってもやはり5歳児。褒めてもらいたい、という気持ちもあり料理をよく手伝うシーンがあります。ほのぼのとしたマンガですが、つむぎと公平のすれ違いなども描かれており、「あるあるこんなこと!」「素直になれないんだよな~」「親は本当に子どもが可愛くて心配なんだな」という気持ちに何回もなります。

料理もとてもおしゃれで、簡単なものからおしゃれなものまで、色んな料理を作ります。レシピも載っているので、料理が好きな方は試してみるのもいいかもしれませんね。あと、見所は公平とつむぎの「成長」が見られるところだと思います。

「大人が成長するの?」と思われるかもしれませんが、まず料理の腕が格段に上がります。やったことないことをするのって、大人の方が大変だったりしますよね。

それでもつむぎのため、おいしいご飯を作るために必死に料理を作ります。お母さんが皆経験しそうな「子どもに嫌いなものを食べさせるにはどうすればいいか」という悩みにもぶつかります。

「おいしく食べてくれるかな?」どきどきしながら料理をアレンジする公平の姿を見ると、自分の親もこんな風に思ってくれたんだろうな、と感慨深くなります。少し今の生活に疲れたなと感じたら、ぜひ一度手にとって読んで頂きたいです。